Previous Entry Share Next Entry
MeatPieDayのノートをgithubのissueに公開するアプリを書き始めた
karino2
issueからブログにするのはjekyllのマークダウンをCircleCIから回せばそう難しく無さそう、という結論になる。
そこでMeatPieDayのノートをIssueとして公開するアプリを書き始めた。

https://github.com/karino2/Mpd2Issue

画像は結局imgurに送る事にした。画像をissueにドラッグアンドドロップした時の挙動は一通り解析したのだが、一つ通常の方法では取れないtokenが必要なので、やはりそういうのを無理やり取るのも良く無かろう、とい事で。

以前gistに公開した奴だが、例としてはこんな感じになる。

13_3_1のLDS周辺を追う
https://github.com/karino2/karino2.github.io/issues/17

Latex記法の数式が出ないのが計算外だったが、他はだいたいイメージ通りに使えそう。

gistは公開の手間は無いのだが、そこにアップした物が散らばってしまっていまいち蓄積されていく感じが無い。
ブログとか他のにリンクを貼れば良いか、と最初は思ってたが、やっぱりそれではいまいちに思う。
あと、ちょろっとPCとかから直せないのがいまいち。やはりセル単位でweb側でも処理したいよなぁ、と。

現状は本当に単にローカルのipynbを送るだけで、変更したものを更新したりは出来ない。
やはり追記していったものをsync的に追加したり編集したり出来る必要はあるのだが、したらば掲示板とかは編集出来ない事を思えば最初はこの位でも使えない事は無かろう。

ただやっぱりissueでは見るのはいまいちなので、ブログを生成する必要はありそうだなぁ。

?

Log in

No account? Create an account